モール・モールとは   

ハコと相方さんが作り上げたお話の基盤の世界です。
モチーフは不思議の国のアリスや御伽噺。
だけどほのぼのとした世界じゃなくて少し狂ったおかしな世界。

詳しく夜空の都で「モール・モール」と検索です。
ちょっともちのとは違った世界が見れます。

そんなの手間だわっていう方はちょっとだけ下に基盤をのっけておきました。

少しだけ・・垣間見て見ますか・・・?







御伽噺のその世界を統治するのは顔の見えない女王様。
女王様の統べる少しおかしな狂った童話世界。

モール・モールの世界のルールは二つ。
一つ、女王様を飽きさせてはダメ。彼女の目はどこにだってある。だから踊り続けなさい。止まってはダメ。面白おかしく、踊るように生きなさい。
二つ、アリスに関わってはダメ。アリスは咎人。この世界の禁忌。だから関わってはダメ。

この二つさえ守れば大丈夫。

守らなければ狩りに来る。女王様の唯一の側近、この世界の治安を守る騎士が狩りに来る。
そう、あの時狩られたのは誰だったかしら?
あら・・・?ううん、思い出せないわ。

そうそう、魔女にも気をつけて。
真っ赤な魔女は女王様が大嫌い。
狼の本性を真っ赤なケープの内側に隠していつも反逆を企てる。
アリスを手引きしてるのも彼女かもよ?
でも何故かしら?女王様は彼女は狩ろうとはしないのよ、迷惑ね。

そういえばそうよ、あの世捨て人も。
いつも3時になるとどこかから出てくる山高帽のおかしな女!
帽子屋だっていうけど商売してるところなんて見たことが無い!
いつもどこかでテーブル広げてお茶ばっかり飲んでるのよ。
迷惑だわ。狩られてしまえばいいのに!

向こうの森?
向こうの森はずっと眠っているお姫様が居るって噂だわ。
ただ誰もその森には近づけないのよ。
どうして?
・・・何故かしらね?何故かいつの間にか眠っていて森の出口に戻っているそうよ。不思議ね。

ところでお嬢さん、どこから来たのかしら?
お名前は?

扉の向こう?


え・・・・・?











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


















おやおやおしゃべりさん。
だからこの前も警告したのに。
でも仕方ないよね、だって彼女喋り続けないと不安で死んじゃうんだって。
ま、もう不安になることもないんだけど。

それで?君はアリスを見た?
そう、見てない。
わかった。じゃあもう行きなよ。
大丈夫、僕たちは君を歓迎するよ。

ようこそ、おかしな世界へ。
モール・モールへ・・・・・・。
[PR]

by sumomomoti | 2010-04-04 22:01 | モール・モール 駄文 | Comments(0)

<< リッパー キャラ紹介っぽいもの >>